転職を有利にするノウハウの身に着け方

転職を有利にするノウハウの身に着け方

終身雇用制度の崩壊が叫ばれるようになってからかなりの時間がたち、一度も転職をせずに済む人も少なくなっています。一方で転職回数自体が少ない人も存在し、転職のためのノウハウをあまり持っていない人もいます。知らないと後悔する情報も多いからこそ、自分で積極的に身に着けていくことも大切なのです。

参考:転職エージェントおすすめランキング

転職ノウハウの基本はセールスポイントを見つけること

転職のためのノウハウは営業のための技術と共通する面があります。転職の基本は、自分を必要とする企業に高く売ることであり、この場合の価値の高さは待遇や給与面に相当します。ただ、どれだけ自分の価値が高くても、必要とする企業がなければ転職は困難になります。

そんな場合は価値の見え方や業種自体の見方を変えるのも重要で、業種にこだわらないのも方法なのです。自分の強みを磨いて明確にすることで、セールスポイントがはっきりしてきます。セールスポイントと企業担当者とのマッチングがうまくいくかどうかが、転職のカギを握るのです。

セールスポイントを増やすことも重要

転職の際に自分のセールスポイントをはっきりさせることは重要ですが、増やすことも視野に入れるのも大切です。経済や世の中の流行は常に変わるため、先を見据えた投資も重要になります。人材にも同じことがいえ、どんなスキルを持っているか、どんな経験を持っているかが採用の分かれ目になることもあるのです。

異業種間の提携や国際化など企業を発展させるためには様々な方向があり、より深く国内の顧客をつかむための新サービスの開発を行う企業も非常に多くあります。在日外国人や観光客を見据えた外国語ビジネスが盛んなように、将来的に役に立つ人材であることや、流行に敏感で向学心がある人間であることを示すのも重要なのです。

例えば、短期であっても中国やアメリカに語学留学の経験があればそれだけ目立つ存在になります。ただ旅行に行っただけではアピールポイントにならないこともあるほど、海外旅行も一般的になっています。語学以外にも生かせるスキルはあるため、セールスポイントを増やして転職に挑むのも方法なのです。

面接対策はプロに依頼する方法も

転職の際に必ず実施されるのが面接です。面接に不安を覚える人も多く、試験内容や実績が申し分なくても面接が理由で落とされる人もいます。様々な面接ノウハウや情報もありますが、情報が多すぎて混乱してしまう場合や、なにかを実践しても別な部分が矛盾祖おこす等、自分の中での整理が追い付いていないケースもあります。

面接に不安があるならプロに依頼するのも方法で、ビジネススクールで学ぶ方法もあります。基本的なマナーから学べるだけでなく、履歴書の添削やアピールポイントの絞り込みまで丁寧に指導してくれる所も多いのです。

また、名前の売れているビジネススクールであれば、経歴にも書けるメリットもあります。自分にお金をかけて付加価値をつけることも重要で、投資の能力の高さも評価基準になることがあるのです。

転職ノウハウの磨き方とは

転職ノウハウは、自分から覚えようとしないとなかなか磨かれないのもポイントです。大きくまとめると、

・自分のセールスポイントを見つける
・自分のセールスポイントを増やす
・ビジネススクールなどのプロ目線で磨く

のが大切になります。不安がなければ自分だけの努力で転職に挑むのも方法ですが、不安が消えずに活動に支障が出る場合や、連続して落ち続ける場合は冷静に見直すことも大切です。一生を左右することもあるため、それ相応の労力やお金をかけることも大切で、後悔しないようにベストを尽くせるかも大切なのです。

転職サイトなら日本最大級の【エン転職