安定した仕事に転職するためのコツとは

安定した仕事に転職するためのコツとは

海外情勢や増税、少子高齢化など日本経済に影響をあたえる要素には事欠かず、安定した職が手に入るかどうかは大きな課題になっています。安定した職に転職するためには将来性を見越すことが重要で、人口の増減や市場規模まで予測することも大切になってきます。

公務員も絶対のものではない

安定した仕事のイメージのある公務員ですが、絶対の安定性があるわけではないことに注意が必要です。理由はサービス残業などが公然と行われているケースがあり、待遇面に反映されないことも多いからです。確かに公務員には経済を理由とした解雇はありませんが、人間関係でやめたくなった時になかなかやめられないケースも存在します。また、公務員経験は転職に生かしづらい点にも注意が必要です。

民間企業と違って経済原理の競争が働きづらいため、特殊な職業とみられるケースもあるのです。役職がつくまで出世すれば地元企業に誘われるケースもありますが、出世するのにも時間がかかるのも公務員の特徴です。メリットばかりではないため、デメリットも良く考えた上で選ぶのが大切なのです。

将来性を考えて業種を選ぶ

安定した仕事に転職するポイントは、業界自体の需要を考える必要があります。日本の人口は減少傾向であり、このまま減少が加速する可能性が考えられます。また、少子高齢化でビジネスの形も大きく変わってくることが考えられます。需要として増えるのは介護分野ですが、賃金が低い傾向があるため注意が必要といえます。

ただし、ロボットを使った介護分野に関してはセールスに繋がれば大きな利益が得られる可能性があるなど、同じ業界でも資金のまわり方が違う場合もあります。転職のために必要なスキルと賃金、将来性のバランスを考えるのも大切で、正社員としての安定性と収入面での安定性は両立しない可能性もあるのです。自分が仕事をいつまで続けられるか考えた上で転職することも重要です。

ぼくらの転職体験談|介護求人サイトe介護転職

ワークバランスの安定を狙う方法も

職業としての安定性ではなく、人生としての安定性を重視する方法もあります。これは経済や人口の変化に合わせて転職をすると言う考え方で、常に最新の知識を身に着けていけば何かしらの働き口が見つかると言うものです。

ただし、転職回数が増える可能性もあり、収入の大きな伸びを見込みづらいのもポイントです。ただし、不況にも強いのがポイントで、技術や経験、スキルの多さが将来にも生きる可能性があるのです。独立起業にもつなげやすいのがメリットで、アイディア次第で一気に収入が上がる可能性もあります。何をもって安定とするかでも物事の見方は変わってくるのです。

転職の安定の定義で考える

時代の移り変わりとともに、転職と安定の考え方も変わりつつあります。

・公務員でも続けられなくなることはある
・将来性のある業種かどうかも重要
・常に転職を意識し、ワークバランスで安定を図る

ただ公務員になったから安定すると言うものではなく、公務員には公務員の苦労があり、必ずしも続けられる人ばかりではないことに注意が必要です。将来性があるかどうかも重要で、今はやりの企業だからと考えるよりも、将来的に伸びるか、どれだけ続くかを考える必要もあります。

常に技術や知識を増やすことで、時代の流れに合わせて転職し、無職になることが無いように行動するのも一つの方法であり、何を安定とするかでもメリットとデメリットが変わってくるのです。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です