家族のためのUターン転職も多い

家族のためのUターン転職も多い

少子高齢化が叫ばれる日本ですが、子育てをしやすい環境や、両親の介護のためにUターン転職をする人も多くいます。地方では土地や物価が安いものの、収入面で厳しくなる現実もありますが、それよりも家族のためにと選択肢に入れる人も多いのです。

環境の良さがポイントになる

Uターン転職のメリットは、子供のころから慣れ親しんだ土地で働けることから、地域のつながりを生かしやすく、首都圏よりも緑が多いなど環境が良い場合が多いのがポイントになります。

地域のつながりが強いため、子供を育てるにしても近所の人や親族の助けを借りられるなど、人手が確保できるのが何よりの魅力になっているケースもあります。農産物が手軽に買えるなど、食生活の面で豊かになるケースも多くなっています。

首都圏では物価が高いだけでなく、シッターサービスなどを活用すればかなりのお金がかかってしまうこともあります。支出のバランスを考えた際にもUターン転職の方がメリットが大きい場合もあるのです。

収入が下がるケースが多いことは注意が必要

Uターン転職のデメリットは働く場所の確保の問題と、給与が下がるケースが多いことがあげられます。これは首都圏の方が給与水準が高いためで、しっかりと確認しておかないと生活水準自体の見直しを迫られる場合もあるのです。

その分家賃が安くなる等固定費が浮くケースも多く、差し引きで考えることも大切です。給料だけで仕事を選ぶと思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあり、計画的な行動が重要なのです。知り合いに仕事を紹介されたなど、ごく親しい身内の内で内定が決まったとしてもしっかりと条件を固めておくことも重要です。

これは土壇場になってから話が違ってくると大きな損失に繋がるからで、契約書などの確約をとっておくこともポイントです。

人の手を借りることも重要になる

Uターン転職で地方に戻った際は、首都圏よりもサービスの選択肢が少ないことも多く、お金で解決できないことも増えてしまいます。困った時は近所の人を頼るなどコミュニケーションを大切にできるかも重要なポイントです。

特に介護や育児を少人数で抱え込んでしまうと精神的な負担や疲労を溜め込みやすくなってしまいます。首都圏であれば家事代行を利用できますが、地方ではそれも難しくなります。困った際はお互いさまと思って人手を借りることも重要で、逆に困った人がいれば助け合う気持ちが地方ならではのコミュニケーションの一つとなっています。

メリットデメリットを正確に

Uターン転職を甘い気持ちで行っても後悔してしまう可能性があり、要点をまとめておくことは重要です。

・環境の良さを生かす
・収入は下がることも多い
・人手を借りることも大切

Uターン転職はメリットだけという訳にもいかないため、きちんとでメリットとデメリットを比較し、計画的に転職を行う必要があるのです。特に地方では助け合う文化が強いため、近所づきあいなどのコミュニケーションが大切になることも増えます。

手を借りるのも手を貸すのもお互いさまという広い気持ちでいることも重要で、その行動が自分や家族にプラスで帰ってくることも多いのです。

Uターンでメーカー研究職への転職。関西での転職成功事例を公開

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です