後悔しない転職のためにやるべき3つの事

後悔しない転職のためにやるべき3つの事

転職したからと言って必ず良い方向に物事が進んでいくとも限りません。転職しても、逆により環境が悪くなってしまうことだってあるでしょう。もしそうなったら転職に対して後悔することになるでしょう。それでは転職のために費やした時間や労力、全てが無駄になってしまいます。それは絶対避けたいところですよね。そこでここでは、後悔しない転職のためにやるべき3つの事を紹介します。

転職する理由に対してとことんツッコミを入れる

まずは転職したい理由に対して、とことん突っ込みを入れていきましょう。こういう理由で転職したいという理由が浮かんだら、何故そう思うのか、それはここでは改善出来ないことなのか、ここでは絶対に出来ないのか、改善のために努力はしたのか、など、とことん突っ込んでいくのです。

そうすると、多くの方が意外とまだここでも改善の余地はあるはず、やるべきことはあるはずだと思うはずです。そう思ったのであれば、まずはそれをすることをお勧めします。その上で、それでもだめならその時に転職を考えましょう。すると転職後に、今の会社に残った方が良かったかも…という仮定がなくなり、後悔する可能性は低くなります。

転職先の下調べを入念にする

転職先の下調べを入念にするということもすごく大切です。例えばちょっとした転職サイトだけの情報では、その会社の良いところしかわかりません。悪いところまできちんと把握してから転職しないと、後悔する可能性もありますよね。

悪いところを知った上で入社したら、想定の範囲内なので後悔する可能性も低くなるでしょう。転職先の下調べの方法としては以下の事が挙げられます。

・クチコミサイトで調べる
・SNSなどでその会社の方を探す
・友達の友達などつてを頼ってその会社の人を探す
・直接その会社のまわりに出向いて、社員の人柄などを視認する

最低限これくらいはやっておくと、後悔する可能性はすごく低くなるでしょう。

今より悪い状況を明確に描いておく

転職した後で、今より悪い状況になった場合のイメージを明確に描いておくと、後悔する可能性はさらに低くなります。例えば、社内の労働環境が劣悪で、残業が何時間も増えて、その上で給料も今より下がるなど、出来る限りの悪いイメージも想像しておきましょう。そしてそのイメージを、今の会社にいる自分と比べるのです。そうすると、まず後悔することはなくなっていきます。

それだけ悪い想像をした上で、それでも今の会社にいるよりは良いという結論になったのであれば、どうあっても後悔することはないですよね。

ちょっと待った! その転職、客観的に判断していますか? – アデコ

時間をかけて考えることが大切

後悔をしないためには、とにかく時間をかけて考えることが大切です。転職理由に突っ込んでいくのにしても、転職先の下調べをするのにしても、今より悪い状況をイメージして比べるのにしても、何日も時間をかけて答えを出す必要があります。

シンプルに時間がかかることもあれば、精神状態によって答えが変わってくることもありますからね。ある程度の時間をかけてゆっくり答えを出しましょう。焦ったらまず後悔しますよ。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です