転職の際にうつであることを申告する必要はあるのか

転職の際にうつであることを申告する必要はあるのか

ストレス化社会と言われて久しく、精神疾患を抱えながら転職活動を行っている人も珍しくなくなっています。一度うつ病と診断された場合は次の転職に支障をきたすのではないかと不安を覚える人も多く、正しい知識を身に着けておくことも重要になってきます。

基本的に申告の必要はない病気

うつを患いながら転職をする際に、うつが転職の障害になるのではと考える人はいますが、実際に転職する際にうつであることを申告する必要はないのです。病気のために著しく労働時間が制限される場合は円滑なコミュニケーションのために申告した方がいい場合もありますが、あくまで申告の義務は無く、企業側も病気を理由に差別する権利は無いのです。

軽度であれば障害者手帳を持って働いている人もいるほどで、手帳を取得しても報告の義務も存在しないのです。病気はあくまで個人的な問題であり、業務内容に支障が出来なければ問題は生じません。

うつでも軽度の症状から重度の症状があるだけでなく、必要な治療や仕事量も異なってきます。中には仕事をしていた方が症状が安定する人も存在するため、会社側がそれに対して口を出す権利は無いのです。

症状に合わせた職場選びは重要になる

会社側が転職の際に制限をかけることはできませんが、うつを患っているのであれば症状に合わせた適切な職場選びも重要になってきます。人にはそれぞれ得意分野があるように、うつにも悪化しやすい環境が存在します。何がきっかけで悪化するかは人によって違うため、どのような仕事が自分に負担をかけるのかしっかり把握しておくことも重要なのです。

特に、長期の休みから転職しての再スタートの場合は勝手がつかめず、体調を崩すことも多くなります。どこまで頑張れるか、転職した方がいいかは自分で判断するしかないのです。医師と相談しつつ職を変えることを検討する方法もありますが、職場に症状を話して仕事の量自体を調整して貰う方法もあります。

仕事量が減ればそれだけ給与面でマイナスになることや、出生にも影響を与えることになりますが、まずは復帰して慣れるまでが重要なのです。職場で理解が得られない場合はやめることも視野に行動することも大切です。

潜在的なうつを抱える人も多い

転職活動がうまくいかないことからうつになってしまう人もいます。仕事をしていないと自分が社会に必要とされている感覚を得辛いため、精神的にも打たれ弱くなる傾向があるのです。頻繁に自殺を考えたり、転職活動に全く手がつかなくなるようであれば一度精神科や心療内科を受けた方がいい場合も多いのです。

また、不眠がうつに結びつくケースもあります。浅い睡眠を何度も繰り返したりするなど、ぐっすり眠れないような状態は精神的に疲労が蓄積しやすいため、睡眠薬を貰う等、うつの予防のためにも気を使った方が良いのです。

「転職活動がうまくいかない」と感じたときに振り返りたい – リクナビNEXT

うつに申告義務はない

うつを患った状態での転職のポイントをまとめると、

・会社に申告する義務はない
・症状に合わせた職場選びは重要
・転職活動でうつ気味になったら早めに病院へ

となります。うつは会社への申告義務がない病気であり、うつを理由に差別することは権利の侵害に繋がります。ただし、自分の病状をコントロールするためにも職場をしっかりと選ぶことは重要です。負担が大きすぎれば病気の悪化に繋がってしまうこともあります。

転職活動がうまくいかないことでうつになってしまう人もいるため、何とかなるといった楽観はせずにまずは病院で診察を受けるのがおすすめです。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です